バックナンバー

創刊のごあいさつです。(00号に掲載したものです)
はじめまして!
『福玉便り』と申します。
皆さまは、この一年をどんな風に過ごされてきたでしょうか。
突然の、住み慣れた土地・ふるさとを離れての慣れない暮らしでほんとうにお疲れになったと思います。せっかく誰かと仲良くなっても、また離ればなれになったり、埼玉の人になかなか理解してもらえず、つらい思いをしてきた方もいらっしゃるでしょう。
誰かと話をしたり、ご飯を食べたり、作業をしたりすることでなんとかやって来られた、という方も多いと思います。
私たちは、いわゆる「支援」の活動に関わらせていただいて、埼玉に避難してこられた皆さんと出会い、一緒に話したり、食べたり、時には踊ったりして来ました。
私たちは皆さんから何度も「ありがとう」と言われました。「つらいことはたくさんあったけど、あなたに会えてよかった」と言ってくださる方もいらっしゃいました。その度、電気や食べ物のこと、東北・福島のこと、みなさんの暮らしのこと、何も知らなかった自分を見直しました。私たちは皆さんにお会いできて、本当に良かったと思っています。こちらこそ「ありがとうございます」です。
もっと東北・福島と埼玉の人が「出会ってよかった」と思える機会があって欲しい。出会いから、たくさんの『福の玉』が生まれてほしい。避難者と支援者をこえて人と人としての関係になれたらいいなと思いました。
そんなわけで、このささやかな「お便り」を出すことにしました。
「このお便りのおかげで、誰かと話せた。」そう言っていただけるような話の種、友達の種、明日の種をたくさん飛ばすことができたらいいなと思っています。
春のタンポポのように。
この「お便り」が必要でなくなる日まで、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中