2015春の号外

2015春の号外福玉便り2015春の号外*タイトルor画像をクリックするとPDFが開きます*

発災から4回目の3月11日がやってくると避難生活も5年目に入ります。
2015年1−2月に実施した調査ではいまもなお、
埼玉県内に5,514人以上の人が避難している実態が明らかになりました。

避難状況によって様々な決断をされた方、お一人おひとり課題が多様化し、
孤立しやすい状況はますます深まっています。全然、終わらない。

毎月、埼玉県内に避難されている方に無料でお届けしていますが
春の号外はもっと多くの人に、現状をお伝えしたいと
①編集部で独自に調査した避難者数の実態、
②自治体による生活支援の現状と課題、
③住宅支援の現状と問題点
④福玉マップ(交流会情報)
⑤この1年の県内各地の活動から(各交流会によるこれまでの活動報告)
⑥読者アンケートに寄せて頂いた声、
⑦当事者組織のリーダー座談会のもよう
⑧自主避難の声と、その背景にあるもの。
⑨5年目の県外避難者支援を巡って(現状と課題)
⑩復興支援員の紹介(浪江町・富岡町・福島県・大熊町・双葉町)
⑪各種相談窓口
などについてまとめ
24ページにわたって報告しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中