2016春の号外

2016春の号外福玉便り2016春の号外*タイトルor画像をクリックするとPDFが開きます*

発災から5回目の3月11日がやってくると避難生活も6年目に入ります。
2015年12月に実施した調査ではいまもなお、埼玉県内に5,000人近くの人が避難していらっしゃいます。

2016年は、さらに避難指示区域の解除が予定されており、住宅支援なども打ち切りがすでに発表されている地域もあります。
埼玉に家をたてたという方、帰還を選択した方、まだ決められない方……さまざまです。
「選択をした」という表現では、言い表すことができない様々な想いを抱えていらっしゃいます。そうせざるを得なかった、と涙されている方もたくさんいらっしゃいます。

毎月、埼玉県内に避難されている方に無料でお届けしていますが、避難されている方だけではなく、もっと多くの方に、現状をお伝えしたいと、今年も春の号外をつくりました。
以下、24ページにわたって報告しています。ぜひご一読ください。

①編集部で独自に調査した避難者数の実態、
②自治体による生活支援の現状と課題、
③住宅支援の現状と問題点
④福玉マップ(交流会情報)
⑤この1年の県内各地の活動から(各交流会によるこれまでの活動報告)
⑥読者アンケートに寄せて頂いた声、
⑦復興支援員さんの座談会
⑧自主避難のみなさんの声と、その背景にあるもの。
⑨学生の声として
⑩多様な価値、多様な選択を認めた支援を―埼玉広域避難者支援センターの設立の狙い
⑪各種相談窓口
などについてまとめ

 

広告
カテゴリー: 号外 パーマリンク